横浜市中区ロスフラワープロジェクトの全体統括・運営をしています

横浜市中区は、横浜市のほぼ中央に位置し、横浜の歴史的建造物も多く、みなとみらい、山下公園、赤レンガ倉庫などの観光地があり、横浜の代表的な地域の一つ。
また、神奈川県庁、横浜市庁、神奈川県警本部、地方裁判所など、行政機関が集中している場所なのも特徴です。

そのような横浜市中区役所の方々と一緒に、Liko SDGsは、ロスフラワープロジェクトを全体統括・運営させていただいております。

横浜市中区ロスフラワープロジェクト

ヨコハマ SDGs デザインセンターのマッチング機能を活用し、 株式会社ホテル、ニューグランド よりご提供いただいたロスフラワーを中心として、 公益財団法人横浜市緑の協会 より葛のツル(金沢区 長浜公園にて採取)、 株式会社 近澤レース店 よりレースの廃材、区内酒店・飲食店より廃棄コルク(洗浄・選別は 株式会社 WAKAMIYA 就
労継続 B 型事業所つばさ が実施)をご提供いただき、ロスフラワーリースを作成するワークショップを展開していきます。(全体統括・運営:Liko SDGs)

横浜市中区ロスフラワープロジェクト 記者発表資料より

Liko SDGsにて、以前より行っていましたコルクアップサイクル事業に合わせて、ヨコハマSDGsデザインセンター様のマッチングにより中区役所の方からご紹介いただきまして、横浜市中区の企業の方々と繋がり、中区ロスフラワープロジェクトを行って参りました。

横浜市中区ロスフラワープロジェクト

SDGsに向けて、期待される効果

横浜市中区ロスフラワープロジェクト SDGs達成ゴール

環境・経済・社会からなる新しい官民一体のビジネスモデルをつくり、SDGsのゴールに向けて活動しています。

また、ロスフラワープロジェクト 第一弾として、10月3日(月)になか国際交流ラウンジにて、ロスフラワーリースを作って頂くワークショップを開催しました。

一つ一つ個性の詰まったロスフラワーリース。
子供たちの多才な感性に触れてとても勉強になりました。

SDGsのお話にもとても真剣に聞いてくださり、こういう活動を続けていきたいと改めて実感しました。

横浜市中区民まつり、ハローよこはま2022に出店します

4年ぶりに開催を予定されている横浜市中区民まつり、ハローよこはま2022
私たちLiko SDGsもロスフラワープロジェクトの全体統括・運営として、横浜市中区役所の方々と一緒に活動させて頂きます。

ご協力頂いております中区の企業様から廃材などを使用してコルクリース作りワークショップと、日頃からLiko SDGsイベントにて販売しております地産地消商品販売を行います。

ハローよこはま2022

ハローよこはま2022

開催日時:令和4年11月13日(日曜日) 午前10時~午後4時
(※開催日周辺に、荒天やコロナウイルス感染拡大が予想される場合は中止)

会場:象の鼻パーク 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目

皆様にお会いできることをスタッフ一同楽しみにしています。
エコバックをお忘れなく。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です